和歌山中央医療生協・九条の会結成総会            「憲法九条を守るアピール」

憲法九条を守るアピール

医療生協のすべての組合員・職員のみなさん
県民・市民のみなさん

私たちは、平和があってこそ健康と命が守られるという立場に立ち、思想信条や立場の違いを乗り越え、憲法を守り、生かすという一点で運動をすすめていこうと、本日「和歌山中央医療生協・九条の会」(略称「医療生協・九条の会」)を結成しました。

「医療生協・九条の会」は、大江健三郎さんはじめ著名な九人の方がよびかけた「九条の会」アピールに賛同し、憲法を守り、生かすとりくみを医療生協組合員と職員のなかに、さらには県民・市民ひとりひとりのなかに広げることが活動の目的です。

憲法第九条は、日本国民の宝です。ところが、いま、憲法九条を変えて、日本が「戦争ができる国」「戦争をする国」にしようとする動きが強まっています。とりわけ九条二項の「国の交戦権は、これを認めない」を削除し、「自衛軍(隊)を持つ」と書き込めば、憲法で軍隊と位置づけたのだから、「自衛権」だけでなく、アメリカと一緒に海外で武力行使ができる「集団自衛権」も認められることになるとして、何としてもこの九条二項を変えようとしています。
 
  「戦争はごめんだ」「戦争はこりごり」「戦争をする国になるのはいや」このように思う
人はみんなで手を取り合い憲法九条を守り、生かすとりくみを行いましょう。
 

 二〇〇六年一月二十八日
               和歌山中央医療生協・九条の会結成総会
by tk-waseikyo | 2006-01-28 18:00 | 和歌山中央医療生協・九条の会
<< アイ・ラブ 平和憲法 和歌山中央医療生協とは? >>