憲法改正国民投票法案を考える学習会          金原徹雄弁護士

b0073657_16565885.jpg
4月20日(木) 17:30~18:30 憲法九条に反対する和歌山弁護士の会の事務局長・金原徹雄弁護士を講師に和歌山中央医療生協の医師を中心にした学習会が和歌山生協病院で行われました。


 ①憲法改正国民投票の意義
 ②国民投票法に関する動き
 ③法案制定をねらう与党の思惑
 ④議連案、与党実務者法案骨子の危険性
 ⑤この国民投票法案を通させないために!のレジュメに基づき、
 特に
 1.自民・公明・民主3党での憲法改正案の1本化作業のための地ならし作業として、国民投 票法を先行して3党でまとめたい。
 2.国民に対し、「もう憲法改正のための法律ができた。流れは決まった!」というあきらめの気持ちにさせ、改憲反対気運に水をさす。
 3.今の国民の世論の状況では、9条改憲はきびしい。国民投票での「承認」のためのハード ルを低くして突破しやすくしておく必要がある。
 4.国会の発議後、憲法改正の真のねらいと国民の利益との矛盾が暴露されない間に投票させてしまう。そのための投票システムと投票運動の規制を作っておく必要がある。
という思惑や法案骨子の危険性について細かく説明され、憲法改悪反対のたたかいと一体となって、法案の危険性を広く知らせることやマスコミや政党への働きかけをお話しされました。
 
b0073657_17211353.jpg

by tk-waseikyo | 2006-04-21 17:21 | 学習会
<< 和歌山中央医療生協・九条の会ニ... 9peace(s)バッジ >>