看護師の仕事はいのちを守る最前線の砦

 全日本民医連は、第8回看護介護活動交流集会を9月29~30日、千葉幕張メッセ国際会議場で開催しました。メインテーマは「いかそう憲法!語ろう 輝く看護・介護の実践。学ぼう いのちの平等つらぬく 民医連の歴史」。1235名が参加しました。記念講演は5月に和歌山においで頂いた澤地久枝さんでした。「看護師の仕事はいのちを守る最前線の砦」と題された講演内容を民医連新聞から転載させて頂きます。紙面をクリックしてください。
b0073657_1121351.jpg

 戦後の日本は、憲法で平和国家、文化国家、福祉国家であることを誇りとして掲げました。しかし、それはいまや風前の灯火です。発足した安倍内閣は、五年という年限を切って、「憲法を変える」と言いました。また防衛庁長官は、省への昇格の意欲をはっきりと示しました。
 この六十余年間、日本では公式な戦死者は一人も出ていません。それは、世界中で日本による戦死者も一人もいないということです。憲法九条の意味はここにあります。もちろ
ん批判はあります。沖縄を拠点にして、ベトナムヘ爆撃が行われ、多くの市民が殺傷されました。その責任は私たちにあります。イラクに自衛隊が出て行くことも防げなかった。
航空自衛隊はまだ、イラクで米軍の支援中です。犠牲者の出ることを私は恐れています。
 アメリカがはじめた戦争は、大義名分のなかったことがはっきりしました。イラク攻撃は侵略であり、自衛隊はその一翼を担っています。今まさに平和国家としての日本が危うくなっています。アメリカは、この次にイラン、北朝鮮に戦争をしかける危険があります。私は、「九条の会」の呼びかけ人の一人です。武力や軍隊を持つことや国の交戦権を捨てた、世界で初めての理想の憲法です。まだ生きています。文化国家のはずなのに、文化や教育の予算が削減されています。学費がどんどん上がり、親たちが借金をして子どもを大学にやるというのはおかしいですよね。教育の自由は、憲法によって保障されており、義務教育は無償であるとも書いてあります。しかし今、小学校で給食費が払えない子どもが増えています。そのことをていねいに報じる新聞はほとんどありません。マスコミは腰が引けています。識字率が高いことを誇った日本が、いまや文化国家であることを投げ捨てようとしています。

たたかいに誇りをもって
 この国は福祉国家であることも捨てようとしています。今年9月、東京大学名誉教授の多田富雄さんが、朝日新聞に投稿しました。「4月から実施されたリハビリ制限は、患者一人ひとりの病態を無視した乱暴な改定。リハビリが続けられず、寝たきりになる恐れのある患者はリハビリ難民になる」と。多田さんは半身麻際と言語障害があり、リハビリを続けながら発言を続けています。しかし、多田さんのような人も見捨てられる患者の一人です。
 私は二八歳の時に最初の心臓手術を受け、その後も何度も入院生活を経験したベテラン患者です。腰椎圧迫骨折で動けず、寝たきり老人のリハーサルもしました。
 医療の中心はお医者さんです。でも看護師さんたちが朝、病室に来る時に「おはよう」と明るい声で入ってくるか黙っているかでは、ずいぶん違うことをしみじみ惑じました。夜に何台もの救急車が入ってきて寝てない、どっちが患者か分からないような顔でも陽気にふるまい、引き継ぎが終わるまで休むこともできない。これでは恋をする間も結婚して子どもを生み育てるゆとりもない。いのちにかかわる仕事をしている人たちが非人間的な人生を送るというのはおかしいことではないかと思います。 看護師がいかに激務か、責任が重くて労働条件も悪いか。給料も高くない。「人のため」と理想に燃えて看護師になっても、それだけでは続かない。もっと人員が増えれば、楽になるはずですよね。
 みなさんのお仕事は、いのちを守る最前線の砦です。その砦が崩れたら私たち患者のいのちもガタガタになります。大変な仕事、苦しい仕事に従事していることは、よく分かっているつもりです。「いのちを守るたたかい」、たたかいという言葉以外にありません。現在の政治状況にあきらめて腰を引くかどうか、心ある日本人は試されています。私たちではなく、これから生まれてくるいのち、世界のいのちにつながるいのちです。未来のため、私たちは試されています。
 本当に「いのちの砦」の仕事であることに誇りをもってください。さらに悪くなることに対して、医療界外の人だちといっしょにたたかって、よき状態を勝ちとっていかなければなりません。黙っていれば福祉を削って軍事費に回す、日本の政治は腐りきっています。私は医療についてまったくの素人ですが、みなさんに応援のエールを送ることができます。狂っている日本をいっしょに軌道修正していきたいと思います。
by tk-waseikyo | 2006-10-27 11:31 | 注目記事
<< 映画「日本の青空」の制作協力を決定 「いのちと平和の尊さを~ある作... >>